官製談合、高崎芸術劇場を捜索

共同通信

 群馬県高崎市が発注した高崎芸術劇場の照明備品の指名競争入札を巡り、官製談合防止法違反などの容疑で市課長らが逮捕された事件で県警は19日、劇場や市役所を家宅捜索した。富岡賢治市長は記者会見し「市民の行政に対する信頼を損ない、深くおわびしたい」と陳謝した。

 富岡市長は「任命権者として監督責任がある」と述べ、自らの処分を検討していることを明らかにし、行政運営で法令上の疑義が生じた場合、市職員が相談できる部署を来月にも新設するとした。劇場はJR高崎駅東口に市が総額約266億円で建設、9月にオープン。市が出資する公益財団法人高崎財団が指定管理者として運営している。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ