阪急百貨店が福袋公開

共同通信

 阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)は21日、2020年の正月に販売する福袋のメニューを報道陣に公開した。令和初となる今回は、スポーツ選手から直接指導を受けられたり、自宅で有名店の料理が楽しめたりするものなど約30種類の体験型を用意した。

 目玉は、さいたま市出身でリオデジャネイロ五輪に出場した陸上の藤光謙司選手から走る技術を学べる福袋(2万円)。京都の料亭「美濃吉」の料理人によるカニのフルコースを自宅で楽しめる企画(20万円)や西暦に合わせて2020万円の高級オーディオセットもある。年内から順次インターネットで受け付け、応募者が多数の場合は抽選となる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ