パナ、液晶パネル生産から撤退

共同通信

 パナソニックは21日、液晶パネル生産事業から2021年をめどに撤退すると発表した。傘下のパナソニック液晶ディスプレイ(PLD、兵庫県姫路市)で生産を終了する。中国メーカーとの競争激化で採算が悪化、事業継続が困難だと判断した。パネル生産の姫路工場は存続させ、自動車向け電池などの生産拠点として活用する。雇用も維持する。

 PLDの従業員は約500人いる。異動や再配置を基本とし、雇用確保を前提に労使協議を進める。従業員の削減はしない方針という。

 PLDの前身会社は10年、姫路工場でテレビ向け液晶パネルの生産を始めた。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ