柿の種飛ばしてハワイ旅行、鳥取

共同通信

 富有柿の産地、鳥取県南部町で23日、柿の種を吹き飛ばして飛距離を競う「全国柿の種吹きとばし大会」があった。親子や団体の部などに県内外から延べ約700人が参加し、男女別部門の優勝者にはハワイ旅行が贈られた。

 おそろいの衣装やかぶり物姿などで集まった参加者は、競技前に柿を食べて種を用意。上半身を反らせたり、髪を振り乱したりしながら勢いよく吹き飛ばした。勢いに反して種が足元に落ちたり場外に転がったりするたびに、会場から笑い声やため息が起こった。

 この日の最高記録は南部町の看護師、中井基行さん(41)で14・1メートル。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ