千葉の虐待死、行政のミスが連鎖

共同通信

 今年1月、千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が虐待死した事件を巡り、児童相談所などの対応を調査していた県検証委員会は25日、報告書を公表した。一時保護の解除など一連の行政機関の対応は不十分かつ不適切だったと批判。「ミスがミスを呼び、リスク判断が不十分なまま保護が解除され、漫然と推移した末に痛ましい結果を招いた」と結論付けた。

 報告書は、身体的、性的虐待を把握していた児相は一時保護を解除すべきでなく、勇気を持って被害を訴えた心愛さんは「何としても守られるべきで、救える命だった」と強調した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ