ローマ教皇と天皇陛下が会見

共同通信

 天皇陛下は25日、ローマ教皇(法王)フランシスコを皇居・宮殿に招き、会見された。日本での天皇と教皇の会見は1981年の昭和天皇とヨハネ・パウロ2世以来、38年ぶり。陛下は宮殿の南車寄で、笑顔で教皇を出迎え、ゆっくりと握手を交わした。

 陛下は英国留学中の84年にバチカンを訪れ、ヨハネ・パウロ2世と面会したことがある。現在の教皇には、秋篠宮ご夫妻が2016年5月、バチカンを訪れた際に表敬した。

 皇室と教皇の交流の歴史は長い。昭和天皇は皇太子時代の1921年、欧州歴訪中に当時の教皇ベネディクト15世と面会。81年、ヨハネ・パウロ2世の来日時には宮殿で会見した。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ