バド桃田、V2へ意気込む

共同通信

 バドミントン日本一を決める全日本総合選手権が26日に開幕する。25日は大会会場の東京・駒沢体育館で昨年優勝者の記者会見が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)は「全日本総合という独特な雰囲気を楽しみながら2連覇できればいい」と意気込みを語った。

 ワールドツアーでは10日までの福州中国オープンを制したが、12日開幕の香港オープンは「疲労がすごくたまっていた」とプレーせずに棄権。日本一のタイトルに照準を合わせて調整した。

 男子ダブルスでは園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が2年連続4度目の頂点を目指す。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ