ローマ教皇、東京ドームでミサ

共同通信

 ローマ教皇(法王)フランシスコは25日、東京ドームで大規模ミサを執り行った。説教では日本の現代社会に生きる若者の問題などを取り上げた。バチカンによると、約5万人が参列した。

 教皇が専用のオープンカーで会場に姿を見せると、観客席やフロアを埋めた参列者は日本とバチカンの旗を振って歓迎した。

 教皇は説教で、日本で若者との出会いを通じ「社会的に孤立し、自分の命や存在の意味を理解できない人が少なくないことに気が付いた」と指摘。利益や効率を重視する競争主義が人々を不安にしていると批判した。

 参列者は聖歌のほか、教皇来日のオフィシャルテーマソングを会場で響かせた。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ