ローマ教皇、訪日終える

共同通信

 被爆地の長崎、広島を訪れ、核兵器廃絶に向けた力強いメッセージを発信したローマ教皇(法王)フランシスコ(82)は26日、教皇として38年ぶり史上2度目の訪日を終え、羽田空港を出発し帰国の途に就いた。離日に先立ち、上智大を訪問し「全ての日本の人に対し、心のこもった温かい歓迎に感謝する」と述べた。

 教皇は24日に訪れた長崎と広島での演説で、核保有や核抑止も否定し「核兵器なき世界」を強く求めた。被爆地からのメッセージは世界に発信され、核廃絶を求め続けながらも高齢化が進む被爆者に勇気を与えた。

 羽田空港では、胸に手を当てた後、笑顔で右手を挙げ飛行機に乗り込んだ。

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ