公明山口代表、早期解散に否定的

共同通信

 公明党の山口那津男代表は27日、東京都内で講演し、年内や来年1月の通常国会冒頭での衆院解散に否定的な見方を示した。12月に中国で予定される日中韓首脳会談をはじめとする外交日程を挙げて「重要な外交課題がめじろ押しだ。すっぽかして解散というわけにはいかない」と述べた。

 開催国・チリの治安悪化で中止となった今月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を代替地で開催する可能性にも触れて「時期は予測がつかないが、日本の都合だけでは解散しにくい」と指摘した。

 山口氏は憲法改正論議を巡り、野党が主張する首相の解散権制約には慎重姿勢を表明した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ