「ENEOS」に社名変更

共同通信

 石油元売り最大手のJXTGホールディングスは28日、2020年6月から「ENEOS(エネオス)ホールディングス」に社名を変更すると発表した。給油所のブランドとして顧客になじみがあるENEOSの知名度を生かし、事業を推進する。

 グループの中核企業であり、製油所の運営などを手掛けるJXTGエネルギーも同時に「ENEOS」に社名変更する。

 社名変更に合わせて両社の役員を極力兼務させ、実質的に一つの事業持ち株会社として運営する。意思決定の迅速化を図る狙い。

 JXTGホールディングスは、17年4月に旧JXホールディングスと旧東燃ゼネラル石油が経営統合し誕生した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ