「連結会計」とは?

グロービス経営大学院

連結会計とは、本体だけでなく、子会社、関係会社の財務数値を合わせ、企業グループとしての管理と開示を行う一連の会計上の手続き、考え方の総称。

・導入の主旨

 企業単体の財務情報と実態は大きく異なることがある。 例えば、親会社と子会社の取引により、子会社の利益を削って親会社に利益を集めるような取引をしている場合、親会社は利益を上げているが実態としての利益は変わらず(右手から左手に持ち替えるようなもの)、企業単体の財務情報が企業実態を表していないこととなる。 開示される財務情報と実態を一致させ、投資家保護、ディスクロージャーを充実させるために、会計ビックバンの一環として2000年3月期より連結会計制度が導入された。

 

 ・連結対象範囲

 導入以前にも連結会計自体は存在したが、形式基準(具体的には議決権の50%以上直接支配しているか否かの基準)により連結子会社を決定していたため、連結外しも容易にでき、実際には精度の低い連結会計となっていた。 これを「支配基準」(議決権の直接・間接支配だけでなく取引、融資なども合わせた、実質の支配実態による基準)に基づいた連結子会社の範囲へと改正し、現在に至っている。 

 

・連結会計の手続き概要

 連結会計では、①本体 ②連結子会社 ③非連結子会社 ④関係会社の決算を統合することとなる。 作業の概要としては、①と②を合算した上で内部取引(①②間の取引)を相殺、③と④の最終利益と純資産を持分(議決権の保有比率)だけ合算する、というステップとなる。このとき、持分を加える方法のことを持分法という。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ