ドイツ首相がアウシュビッツへ

共同通信

 【ベルリン共同】ドイツ政府は29日、メルケル首相が12月6日に第2次大戦中のナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の舞台となったポーランドのアウシュビッツ強制収容所跡を訪れ、犠牲者を追悼すると発表した。アウシュビッツは来年1月、ソ連軍による解放から75年の節目を迎える。

 在任中にアウシュビッツを訪問するドイツ(西ドイツを含む)首相としてはシュミット氏らに続き3人目で、加害国としての反省を表明する方針。収容所跡地の維持、管理などを資金面で支えるポーランドの財団が発足10年を迎えるのを機に、今回の訪問が決まった。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ