懐かしくも新しい、あるようでなかったソレノイドの電気工作キット、作りました!

PR TIMES タカハ機工株式会社

作って楽しい、ものづくりも学べてプラグラミングも楽しくなる『SOLEKIT(ソレキット)』は、親子で楽しめる組立キットです。
スマホやプログラミングで指の操作は巧みにこなしても、ドライバーや接着剤をうまく使えない現代の子ども。トリセツを見ながらネジをしめたり、部品を組んで、最後にUSBケーブルを電源に差込み、スイッチON!「おーーー、直線に動くソレノイドが手を叩いてる!」「あれ?なんでペンギンがどんどん前に行くんだろう?」いろんな??が子供を成長させます。
DCソレノイドを製造・販売するタカハ機工株式会社(福岡県飯塚市)は、マイクロUSBケーブルに接続可能なスイッチ付5Vソレノイドを開発。その5Vソレノイドを使ってリンク機構やソレノイドの動作が見える電気工作キット『SOLEKIT』を税込2,500円で販売開始しました。



左より「うなペン」「ビッグクラッピーナノ?」「縄文ドッキー」「ソレノイ土下座リーマン」「ソレうんこ」

ソレノイドは通常見えないところに装備されています。コンビニのレジのおつり払出し機構やドアのロック機構、自動車のシフトレバーロック機構、自販機のコイン振分け部など、普通は見えないからソレノイドってよくわからない。でも動いているところを見たいよね?という方には超おススメのキットです。

設計・デザインはものづくり大好きなクリエーター(バイバイワールド、necobit)や漫画家(見ル野栄司)、またタカハオリジナルの土偶シリーズは新作の販売も予定しています。
ソレキットファンサイト『ソレキット研究所』では、誕生秘話、ソレキットの遊び方、また自分で作ったソレキットを投稿できる「ソレキットギャラリー」もあり、一般の人もソレキットを開発して、よければ製品化も夢ではなさそう。1個でもたのしいソレキットですが、小学生のプログラミング教育でも人気を呼び始めています。
ソレキット研究所:https://solekit.net/

プログラミングを使えばソレキットはまた違うアソビができます。たとえばArduinoやmicro:bitなどは音楽とも相性バッチリ。同時発売の「マルチコントローラーUSB」にマイコンボードをくっつければ、ソレキットたちを4体連動で自動制御できます。自分たちでプログラミングを作って音楽に合わせて動かせば楽しさ倍増です。見た目の可愛さとメカの面白さ、マイコン制御のビジュアル化、トリプルにイケてる電気工作キット「ソレキット」で子どものも創造性を育てませんか。


マイコンボードなしでも4つまでつなげられて手動スイッチでソレキットを動かせます。

自分で作ってそれが動いたとき、感動とものづくりの楽しさが子供に芽生えるかも?

ソレキットはA5サイズの板とA5サイズのシール、タカハ5Vソレノイドを使用するというオープン規格。まずはソレキットを購入して作ってみて、そして自分のオリジナルソレキットを作り投稿しよう。
ソレキット作品投稿フォームはこちら→ https://solekit.net/gallery/

これは!という作品はタカハ機工で製品化して販売するというチャンスもあります。この冬休みに親子でものづくりを楽しんで、自分だけのソレキットを作ってみてください。
●ソレキット研究所 
https://solekit.net/
●タカハ機工ホームページ
http://www.takaha.co.jp
●5Vソレノイドページ 
http://www.takaha.co.jp/product/ss/index.html#5V

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ