記憶喪失、だから前を向く 「50歳・神戸良明さん」神戸税関に就職

友好紙 夕刊

 「白紙の履歴書」に1行刻む 「神戸税関に記憶喪失の人が働いている」との情報が、関西の地方紙や放送局で作るウェブサイト「まいどなニュース」の「どなどな探検隊」に寄せられた。六甲アイランド出張所(神戸市)に勤める彼の名は神戸(かんべ)良明さん(50)。約20年前に名付けられ、年齢も推定。今も記憶は戻らないが「親や家族が名乗り出ても思い出せへんやろうし、そもそも親もおらへんのちゃうかと思ってます」と笑う。壮絶な過去にとらわれず、とにかく前向きだ。

 最も古い記憶は1997年11月末の夜、神戸市のJR元町駅の高架下で「寝転んでいた」というものだ。近くにいた「おっちゃん」と話し「名前も分からんのか。朝になったら警察に行ったらええわ」とアドバイスされた。翌朝、鉄道警察に保護を求めた。指紋を調べてもデータベースにない。今となっては「前科がなかったみたいで良かった」と笑うが、病院に運ばれた後も記憶は戻らなかった。

 退院後は市内の救護施設に身を寄せた。その後、ケースワーカーらの助言もあって、自らを戸籍に記載する「就籍」の手続きを取った。保護された場所にちなんで姓を神戸とし、保護された11月27日を誕生日とした。「再び記憶をなくした時」に備えて場所と日付を戸籍に残した。年齢は主治医が見た目で推定した。

 脳性まひの影響で左半身の動きが鈍い。生まれつきか、保護の直前にあったかもしれない“何か”の影響か…。今も謎のままだ。

 医師からは全生活史健忘症と診断された。ほとんどは短い期間で記憶が戻るが「耐えがたいストレスで、全ての記憶を思い出せない状態」が続いているとみられている。保護から3年後に市営住宅で1人暮らしを始めた。

 過去が気にならなかったわけではない。だが、ある出来事が心境を「過去よりも未来」に向けるきっかけとなった。

 施設に通所していた頃の同僚に、記憶を失った男性がいた。地元紙に顔写真が掲載され、北海道から親戚と名乗る人が現れた。ところが再会しても記憶が戻らず「俺じゃないんじゃないか」と漏らした。その姿を見て「僕だってそうなるかも。過去が明らかになるのは大丈夫だけど、自分から積極的に知ろうとは思わない」という心境に至った。

 昨夏、神戸市の障害者就労移行支援事業所の門をたたいた。未就労状態が続き、パソコン事務などの職業訓練やカウンセリングを受けて就職先を探すためだった。直前には障害者職業能力開発校にも通った。

 15年ほど前に半年ほど靴工場で働いたが、肺炎を患って辞めた。その後は職を探しても履歴書に学歴も職歴も書けなかった。つらかった時期を振り返り「履歴書を見て驚かれるんです」と時折言葉を詰まらせた。

 昨秋、神戸税関から事業所に採用試験の知らせが届いた。税関側は「前向きな性格や社交性が伝わってきた」と高く評価。晴れて合格通知を受け、今年1月から“故郷”で働いている。

 (まいどなニュース/デイリースポーツ・弓場伸浩)

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ