「埋没コスト」とは?

埋没コストとは、すでに発生しており、取消不能なコストのこと。

例えば、かつて建てた工場の建設費用や、使ってしまった開発費などがこれにあたる。

あるプロジェクトの投資の可否を検討する際、キャッシュフローはそのプロジェクトを「実施するケース」と「実施しないケース」とで比較する。そのため、埋没コストが計算に入る余地はなく、本来は投資の意思決定に影響を与えない。

しかし実際には、しばしば心理的影響を与えるファクターとなる。「すでに20億円のR&D投資をしたのだから、今さら引き返せない」といったことである。

また、差額原価収益分析において、投資をするしないに関係なく発生する費用のことで、埋没原価とも呼ぶ。

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR