「標準偏差」とは?

グロービス経営大学院

標準偏差とは、複数のデータが存在した時に、そのデータ群の平均値とそれぞれのデータの乖離具合、ばらつき具合を示したもの。

計算方法は、それぞれの平均値と各データの乖離(=偏差)を2乗し、それらを合計したもの(=分散)の平方根を取る。

こうすることで、偏差が持つ符号の影響を排除し、絶対値を取ることが可能になる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ