中村哲氏、銃撃され死亡 ペシャワール会、アフガニスタンで活動中

共同通信

 【イスラマバード共同】アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで4日朝、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表、中村哲医師(73)らが乗った車が武装した男らに銃撃された。中村さんは、現地の病院で手術を受けたが、日本政府関係者が死亡を確認した。州報道官によるとボディーガードや運転手ら5人も死亡した。

 ペシャワール会は4日、福岡市で記者会見し、中村さんは同日朝に宿舎を出て、約20キロ離れたかんがい作業の現場に向かう途中に襲撃されたと明らかにした。右胸に銃弾1発を受けたが、撃たれた直後は意識はあったという。

 在アフガン日本大使館によると、中村さんはペシャワール会の活動の一環で同州を訪れていた。

 中村さんはアフガンやパキスタンの国境付近などで貧困層への医療活動に長く関わっている。2000年にアフガンで大干ばつが起きてからは、用水路を建設し緑化に取り組む。18年にはアフガン政府から勲章を授与され、今年10月には政府から名誉市民権を授与された。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ