ホンダN―BOXが首位陥落

共同通信

 11月の車名別国内新車販売台数は、ダイハツ工業の軽自動車「タント」が前年同月比90・0%増の2万1096台でトップとなり、ホンダの軽自動車「N―BOX」は2年3カ月ぶりに首位から陥落した。N―BOXは3・5%減の1万8806台で2位だった。日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した。

 タントは今年7月に新型を発売し、広い車内空間と使い勝手の良さが人気を集めた。N―BOXは充実した安全装備を売りに、2017年9月から首位を守っていた。

 3位はスズキ「スペーシア」で8・5%増の1万2820台。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ