原油減産の延長や拡大を協議へ

共同通信

 【ウィーン共同】石油輸出国機構(OPEC)は5日、ウィーンで定時総会を開く。これに先立ち、サウジアラビアとロシアなど原油協調減産の一部参加国が会合を開催。2020年3月まで続けることになっている減産の期限延長や、18年秋の水準と比べ日量計約120万バレルとしている削減量の拡大を協議する。

 米中貿易摩擦などによる世界経済の減速に加えて電気自動車(EV)などの普及もあり、原油の需要は伸び悩む可能性がある。サウジやロシアは価格安定に向けた協力の必要性では一致。具体的な方法論でまとまるかどうかが焦点となる。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ