東証反発、終値164円高

共同通信

 5日の東京株式市場は、米中貿易協議の早期進展を期待する買い注文が優勢となり、日経平均株価(225種)は3日ぶりに反発した。終値は前日比164円86銭高の2万3300円09銭だった。

 東証株価指数(TOPIX)は8・14ポイント高の1711・41。出来高は約11億5300万株。

 米中協議の部分合意が近いと米メディアが報じ、貿易摩擦の長期化による上場企業の業績低迷への懸念が和らいだ。前日の4日は米中協議が2020年後半まで続くとの思惑から売りが目立っており、5日は一転して幅広い業種の銘柄に買いが広がった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ