「楽しみながら」「自然に」健康づくりに取り組める製品・サービス等を大募集!「福岡ヘルス・ラボ」(福岡市・福岡地域戦略推進協議会)

PR TIMES 福岡市役所

2019.12.13(金)事業説明会およびヘルスケアに関するトークイベントを開催
 福岡市と福岡地域戦略推進協議会は、人生100年時代に向けて、誰もが心身ともに健康で自分らしく暮らせる持続可能な社会の実現を目指し、産学官民オール福岡で取り組む「福岡100」の一環として、平成29年度より、「福岡ヘルス・ラボ」を実施しています。  現在、令和元年度の社会実験の提案について、募集を行っています。


<福岡ヘルス・ラボとは>
 「楽しみながら」「自然に」健康づくりに取り組めること(健康行動の習慣化)が期待できるプロダクト(製品・サービスや仕組み)について、市民の参画を得ながら、その効果を検証し、評価・認証する仕組みです。
 社会実験の結果、健康行動の習慣化等への効果があると評価できる場合は、福岡ヘルス・ラボが「楽しみながら自然に健康づくりに取り組めるプロダクト」として認証し、当該プロダクトの普及の後押しを行うことで、市民の健康寿命の延伸を目指します。

<募集概要>
1.募集事業
・「健康日本21福岡市計画」において生活習慣の改善を目指す、<栄養・食生活><運動><休養><飲酒><喫煙><歯・口腔>のいずれかの分野において、市民の意識・行動変容を目指すプロダクトの効果を、福岡市または福岡市を含む複数の自治体圏域で検証する社会実験であること。ただし、医薬品、医療機器及び再生医療等製品並びに体内摂取する食品や侵襲(※1)性の高いプロダクトに関する社会実験は除く。
・市民の健康維持・増進、介護予防などに効果をもたらす健康行動に「つい取り組みたくなる」「楽しみながら取り組める」ことにより、「健康行動の習慣化」を期待できるプロダクトに係るものであること。
(※1) 侵襲:体に有害となる可能性のある行為とその程度のことを指す。福岡ヘルス・ラボにおける侵襲とは、身体への装着や運動・活動への参加等によって、参加する市民の身体又は精神に傷害や負担が生じること。

2.応募資格
福岡市内において、市民参加型の社会実験を行う事業者(法人・団体及び個人)、または複数の事業者による共同事業体
3.応募方法
福岡ヘルス・ラボHP(https://f-healthlab.jp/)を参照ください。
4.スケジュール
募集期間:令和元年11月11日(月)~令和2年1月31日(金)
事業選定:令和2年3月予定
5.支援内容
・実験フィールドの調整(地域や施設とのマッチング)や、モニター募集の支援を行います。
・社会実験の結果、楽しみながら自然に健康づくりに取り組めるプロダクトと認める場合は、認証を付与します。
・認証プロダクトは、PRのための場の提供(市の関連イベントへの参加など)、記者発表、福岡ヘルス・ラボHPでの紹介等により普及促進のための支援を行います。
※公募案内チラシはこちら⇒https://prtimes.jp/a/?f=d48792-20191205-9277.pdf
<2019.12.13(金)事業説明会&トークイベントを開催!>
○日時:2019年12 月13 日(金) 18:00~19:30
○場所:Fukuoka Growth Next 1階 イベントスペース (福岡市中央区大名2-6-11)
○タイムスケジュール(予定)
18:00 挨拶(福岡市 保健福祉局)
18:10 福岡ヘルス・ラボおよび2019年度公募ご紹介(福岡ヘルス・ラボ運営事務局)
18:30 トークイベント「人生100年時代に求められるヘルスケアビジネス」
19:30 福岡ヘルス・ラボ応募に関する事前相談(希望者のみ・順次)
20:30 終了

○登壇者
(1)スタートアップカフェ・アンバサダーコンシェルジュ/一般社団法人ソーシャル・アップ代表理事 井口忠二氏
(2)九州ヘルスケア産業推進協議会(HAMIQ) 事務局業務部長 古川弘和氏
(3)モデレーター:福岡地域戦略推進協議会マネージャー 片田江由佳

○申込方法
参加をご希望される方は、福岡ヘルス・ラボホームページ「お問合せフォーム」(http://f-healthlab.jp/contact/)より、「事業説明会参加申込」と明記の上、お申し込みください。

○参加費
無料
<お問い合わせ先>
「福岡ヘルス・ラボ」に関すること
福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka D.C.)
担当:櫛間・片田江 TEL:092-733-5682 MAIL:info@fukuoka-dc.jpn.com
「福岡100」プロジェクトに関すること
保健福祉局健康先進都市推進担当 担当:松田・中園
TEL:092-711-4544(内線2057) FAX:092-733-5587

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ