何故そこに小銭を入れるの?「時短」で「手品」な財布 Zatt 、本日12時よりMakuakeにて先行販売開始!

PR TIMES 株式会社E・Iカンパニー

お札と硬貨は札入れにまとめてザっと収納できて、硬貨は小銭入れからパッと取り出せる、そんな「手品」のような財布がMakuakeにて先行販売開始します。
お札と硬貨をまとめて収納できるから、お釣りを一瞬で収納しサッと立ち去れる。 更に硬貨だけが小銭入れに自動的に仕分けられ、支払う際にもパッと取り出せる。 そんなちょっと特殊で画期的な財布ができました。12月6日(金)12時よりMakuakeにて先行販売を開始します!


株式会社E・Iカンパニーは新ブランドLESTAR*を立ち上げ、2019年12月6日(金)12時より「時短」で「手品」な財布 Zatt の先行販売をMakuakeにてスタートいたします。

「時短」で「手品」な財布 Zatt とは。
「Zatt」は札入れにお札も硬貨もまとめて入れて、ガバっと開く小銭入れに硬貨だけが自動的に仕分けられる、これまでにはなかった二つ折り財布です。

だからお釣りを一瞬で収納し、サッとポケットに入れて立ち去れて、支払うときはガバっと開く小銭入れから硬貨をパッと取り出せます。
革新的な機能性。

・お釣りをもらう際、自分の用意していた順番でお札や硬貨が返ってこず手間取る。
・お釣りを待っている間に誤って小銭入れを閉じてしまって、もらうときにまた開かなきゃいけなくなる。
・小銭入れを開いて硬貨を入れて、札入れを開いてお札を入れて、と二度手間。

そんなもたつきを感じたことはありませんか?
それを一挙に解決するためにいきついたのが、「お札も硬貨もまとめて一緒にしまうこと。」

Zattは札入れにお札も硬貨もまとめてザっと入れられるから、お釣りが一瞬で収納できる。しかもお財布をひっくり返しても硬貨が飛び出しづらい特殊な構造になっています。

妥協しない使い勝手の良さ。

支払うときももたつきたくないから、Zattはガバっと開く小銭入れにこだわりました。
札入れに収納した硬貨は、ワンアクションで小銭入れへ移動します。
支払うときには小銭入れへザっと流して、パッと支払うことができます。

これまでもお札と硬貨をまとめて収納できる財布や、小銭部分がガバっと開く財布は存在しましたが、この2つを兼ね備えた二つ折り財布は Zatt だけです。(特許申請中)

ニーズに合わせた上質な革とシンプルなデザイン。

男性にも女性にも、幅広い方に使っていただきたいから、Zattは人を選ばないシンプルなデザインで、素材の革の良さをしっかりと感じられるような作りになっています。また素材の革も、皆様のニーズに合わせ、特長の異なる2種類の革を使用したラインナップをご用意しています。

■革の経年変化や風合いを楽しみたい方にはロロマシリーズを。


ロロマは日本国産の厳選されたステアハイド(成牛)を2度も植物性のタンニンで鞣し、オイルとワックスをたっぷりと染み込ませて仕上げたワックスレザーです。ワックスが多く入っているので、使い込むごとにツヤや色の深みが増していきます。最初はくすんだように見えますが、磨けば磨くほどツヤがでて輝きを増します。使っている方の歴史を刻み唯一無二の表情を見せる、宝石のように美しい革を使用しています。

■機能性を追求したい方には、キズが目立ちづらく水や汚れに強いネオフェールシリーズを。



ネオフェールは独特な細かい筋模様の型押し加工(エンボス)された、細かいキズが目立ちにくく、汚れや水を弾く防水革です。
キズがつくことや濡れることを気にして扱う必要があまりありません。また、この型押しのデザインは世界的に人気が高く、多くの有名ブランドでも採用されています。
シンプルで飽きの来ないデザイン性と機能性を兼ね備えた最先端の革です。

商品の使用イメージがわかる紹介動画はコチラ
http://www.youtube.com/watch?v=mRJfZlBqToY


【プロジェクト概要】
受付期間: 2019年12月6日(金)から2020年2月10日(月)まで
目標金額: 200,000円
詳細URL :https://www.makuake.com/project/zatt/
先行販売特典 : 10~20%OFF

___________________
このリリースに関するお問い合わせは下記までお願い致します。
株式会社E・Iカンパニー 
LESTAR*主宰 木幡 友希
携帯:080-1735-0963
FAX: 096-285-1118
商品お問い合せ先E-mail: yuki.k@trade-ei.com
___________________
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ