野党、内閣不信任持ち越し

共同通信

 立憲民主党の枝野幸男代表ら野党4党の党首は6日、国会内で会談し、終盤国会の対応を協議した。安倍内閣不信任決議案を提出するかどうかについて結論を持ち越し、会期末の9日に決める方針を確認した。これに先立ち自民党の森山裕国対委員長は立民の安住淳国対委員長と会談し、野党が求める会期延長を拒否した。

 安住氏は森山氏に対し、9日に40日間の会期延長を大島理森衆院議長へ正式に申し入れると通告した。

 野党4党首は会談で、首相主催の「桜を見る会」を巡る疑問点について国会で追及を続ける必要があるため、会期延長が必要だとの認識で一致した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ