只見線で芸人開発スイーツ、福島

共同通信

 吉本興業は6日、8年前の福島・新潟豪雨で現在も一部区間が不通のJR只見線の全線復旧を後押しするため、所属芸人がプロデュースしたスイーツを車内で販売すると発表した。年に千種類のスイーツを食べる、スイーツなかのさんが地元産の果物などを使った2種類のシフォンサンドを開発。なかのさんは「雪景色を見ながら味わってほしい」とPRした。

 お笑い芸人の力を借りて福島の魅力を発信する、福島県と吉本が結んだ連携協定事業の一環。

 同県柳津町のパン屋と協力し4カ月かけて開発した。切り込みを入れたシフォンケーキに沿線でとれるリンゴやクルミなどが挟んである。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ