中国の対米貿易15・2%減

共同通信

 【北京共同】中国税関総署は8日、中国の1~11月の対米貿易総額が前年同期比15・2%減の4944億5350万ドル(約53兆7千億円)だったと発表した。長引く米中貿易摩擦の影響で、貿易の縮小が続いた。輸入、輸出ともに減少し、米中双方の経済にとって圧力となっている。

 米国からの輸入は23・3%減った。米国産大豆などを中心に低迷が続いたもようだ。マイナス幅は1~10月と比べやや縮小。中国は米農産品などの輸入拡大を進めており、11月単月では輸入がプラスとなった。

 1~11月の対米輸出は12・5%減った。対米貿易黒字は7・2%減少し2724億9600万ドルだった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ