兵庫県が2年連続優勝

共同通信

 地元食材を活用した給食の献立のアイデアや栄養価の工夫を競う第14回「全国学校給食甲子園」の決勝大会が8日、東京都豊島区の女子栄養大であり、兵庫県の「丹波篠山市立西部学校給食センター」が優勝した。兵庫県代表の優勝は2年連続。

 優勝した献立は、市特産の黒豆を使った炊き込みご飯や、天内芋入り根菜汁など。同センターの栄養教諭田端広美さん(44)は「いつも子どもたちのことを思って調理している成果が実ったと思う。たくさんの食材に恵まれている地元で、安心で安全な給食を作り続けたい」と話した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ