桜見る会、来夏までに改善まとめ

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」の招待人数や予算の在り方について、来年夏までに改善点を取りまとめる考えを示した。「夏の21年度予算案の概算要求が一つのめどになると考えている」と述べた。

 検討対象として、人数や予算に加え、招待基準の明確化、招待プロセスの透明化を挙げ「招待者名簿の保存期間についても議論する」と説明した。名簿を巡っては、野党議員が内閣府に資料要求した同じ日に廃棄し、隠蔽との疑惑を招いた経緯がある。

 桜を見る会について政府が説明責任を果たしているかどうかに関しては、「国民から理解されていないのは承知している」と述べた。

関連記事

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR