「変動費」とは?

グロービス経営大学院

変動費とは、一定の生産能力や販売能力の下で、生産量や販売量などの操業度に応じて(比例して)変動する費用。

生産・販売が1単位増加するごとに、それに対応して増加する費用で、メーカーの場合には材料費、小売業の場合には商品の売上原価、販売手数料、運送費などが、これに含まれる。

企業活動における費用には、損益計算書上の売上原価、販売費および一般管理費、営業外費用などが含まれるが、これらはいろいろな形で区分できる。その中で最も基本的なものが、この固定費と変動費との2つに区分する方法である。

固定費と変動費を区分するには勘定科目法、定額控除法、回帰分析を利用する方法などがある。

近年では、自社にとって強みのない機能については、固定費として持たずに、外注などの変動費化を進める企業が増えている。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ