ホテルのベッドメーク、AI判定

 ソフトウエア開発のアステリア(東京)は11日、京都市のホテルでベッドメークの仕上がり具合を人工知能(AI)が判定する実証実験を報道陣に公開した。訪日客の増加でホテル建設が相次いでおり、ホテル業界の人手不足問題や人材育成に役立てたいとしている。来年4月にも商品化し建設現場や飲食店にもサービスを広げる予定。

 専用アプリが入ったスマートフォンでベッドを撮影すると、シーツのしわの状況や枕の配置などをAIが分析し「良い」「悪い」と判定する。通常はベッドメーク後に別の責任者が約5分かけて確認していたが、AIの導入によりチェックする時間を大幅に短縮できるという。

PR

開催中

久木朋子 木版画展

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月18日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR