国などに2億5千万円過大請求

共同通信

 大阪府泉南市は11日、自治体の財政格差を補う国民健康保険の調整交付金を、2017年度に国と府から計約2億5千万円を過大に受け取っていたと明らかにした。特別会計に組み込んで医療費給付などに使っているため、返還のめどは立っていないという。

 14年4月2日以降に70歳となった人の医療費窓口負担率が、同年度から1割から2割となり、既に70歳以上になっている人の負担率は据え置かれた。市によると、担当職員は、負担引き上げとなった人々の数を誤って据え置き対象の申請分に含めた結果、府の窓口に交付金を過剰請求してしまったという。

PR

医療・健康 アクセスランキング

PR

注目のテーマ