イーストウッド監督作品で論議

共同通信

 【ロサンゼルス共同】1996年のアトランタ五輪開催中に起きたテロ事件の報道被害を取り上げた、米映画界の巨匠クリント・イーストウッド監督(89)の最新作を巡り、記者の描き方に問題があるとして当時事件を報じた地元紙が11日までに映画会社などに抗議した。13日の全米公開を前に注目が集まっている。

 映画は「リチャード・ジュエル」(日本公開は来年1月17日)。テロの被害を最小限に抑えた英雄として持ち上げられた警備員ジュエル氏が数日後、地元紙報道で容疑者とされ、疑いを晴らすまでの実話を基にしている。米国での報道被害の象徴的存在とされる。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ