日産、収益力回復へ企業風土改善

共同通信

 日産自動車の内田誠新社長兼最高経営責任者(CEO)が13日、横浜市で共同通信などのインタビューに応じ「信頼回復と業績立て直しに焦点を当て、覚悟を持ってやる」と述べた。収益力回復に向け、トップの不正がまん延した企業風土の改善を図るとともに構造改革を着実に実施していくとの決意を示した。

 日産では、長年トップに君臨したカルロス・ゴーン被告が専制的な経営手法を敷いたとされる。内田氏は、社員同士が活発に議論できるような企業風土に転換することが重要だと強調した。

 ルノーや三菱自動車と組む企業連合に関しては「良好な関係」との認識を示した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ