政府、習主席の国賓方針変わらず

共同通信

 政府は13日の閣議で、来春に予定する中国の習近平国家主席の来日について「国賓として招聘する方針に変わりはない」とする答弁書を決定した。自民党内などでは、混乱する香港情勢などを理由に国賓来日に反対意見が出ている。

 答弁書は、香港情勢について「中国政府に対し、自由で開かれた香港が繁栄する重要性を指摘している」と強調した。

 中国新疆ウイグル自治区での少数民族ウイグル族への弾圧を巡っては「基本的人権が中国でも保障されることが重要だ。懸念を持って注視している」とした。国民民主党の前原誠司元外相の質問主意書に答えた。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ