NY原油、60ドル台

共同通信

 【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の1月渡しが前日比0・89ドル高の1バレル=60・07ドルと、9月中旬以来約3カ月ぶりの高値で取引を終えた。

 米国と中国が貿易協議の「第1段階」の合意に達したことを受け、世界経済の減速でエネルギー需要が鈍化するとの懸念が弱まり、買い注文が広がった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ