被災の熊本城、入場10万人に

共同通信

 2016年4月の熊本地震で被災し、今年10月5日に3年半ぶりとなる一般公開が始まった熊本城(熊本市)で14日、見学再開から通算10万人目となる来場者が訪れ、記念のセレモニーが開かれた。

 10万人目となったのは福岡県柳川市の小学2年池末羚くん(8)。午前10時半ごろ親戚とともに訪れた羚くんは、熊本城かるたなどの記念品を贈られ「いきなりでびっくりしたが、うれしい」とはにかんだ。父の勇人さん(54)も「足場が残りまだ復旧中だと感じるが、しっくいは以前よりくっきりしてきれいだ」と城を見上げた。

 主に日曜と祝日に一般開放している。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ