日韓、輸出規制巡り局長級会合

共同通信

 日韓両政府は16日、輸出規制を巡る局長級会合を東京都内で開いた。日韓の貿易管理当局による局長級会合の開催は2016年6月以来、3年半ぶりで、日本が7月に始めた半導体材料の輸出規制強化以降で初めてとなる。今月下旬には日韓首脳会談が調整されており、関係改善につながる糸口を見いだせるかどうかが注目される。

 茂木敏充外相は15日夜(日本時間16日未明)、訪問先のスペインの首都マドリードで韓国の康京和外相と約10分間対話し、輸出規制を巡る局長級会合について、進展を期待する考えを共有した。韓国外務省によると、康氏は日本による規制強化の早期撤回を求めた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ