米特別代表、北朝鮮に対話要求

共同通信

 【ソウル共同】ソウルを訪れている米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は16日、韓国の李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長と協議した後、異例の共同記者会見を開き、北朝鮮に挑発行動をやめて米朝交渉に復帰するよう呼び掛けた。北朝鮮が年末を非核化交渉の期限としていることについては「米国には期限は存在しない」と述べ、米国を縛るものではないとの考えを表明した。

 北朝鮮高官らが米国などを批判する発言を繰り返していることに対しては「米国や韓国、日本への敵意に満ちている」と不快感を表明。「今こそ非核化を進める時だ。まだ遅くない」と訴えた。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ