ジャンプの高梨、今年は「耐」

共同通信

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が16日、ワールドカップ(W杯)遠征先の欧州から羽田空港に帰国した。2~3月の世界選手権でメダルなしに終わり、今季もW杯3戦を終えて表彰台は3位の1度のみ。2019年を漢字一文字で表現するように求められると「耐」と回答した。

 「自分のジャンプをつくりきれていない」と話し、年末年始の国内調整で飛躍練習を多くこなす意向を示した。「苦しい時期を耐えて、その先につないでいけるように」と巻き返しを期した。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ