米大統領、北朝鮮を「注視」

共同通信

 【ワシントン、ソウル共同】トランプ米大統領は16日、米国への挑発を強める北朝鮮を「注視している」と繰り返し「もし何か準備しているとしたら、失望する。その場合は対処する」とホワイトハウスで記者団に述べた。「多くの場所を監視している」とも強調。大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などに踏み切らないようけん制したとみられる。

 ソウルを訪れている米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は17日、韓国滞在日程の最終日を迎えた。北朝鮮に対し接触を呼び掛けており、実現するかどうかが焦点。南北軍事境界線がある板門店に駆け付ける態勢を取っているもようで北朝鮮の反応を見極める構えだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ