【医学部受験経験者1,054人に調査!】医学部合格のためには何が必要?合格した人しなかった人の違いが明らかに…!

PR TIMES 株式会社アクト

すべての第一歩を、ここから。
受験シーズンもいよいよ本番になってきましたね。
全国の受験生は合格のために日々勉強漬けの毎日を過ごしているのではないでしょうか。
特に医学部は他学部と比べ倍率が高いため、ハイレベルな受験争いになります。

そんな医学部を受験する際、難関大学であればあるほど予備校や塾での勉強時間はもちろん、家での過ごし方も大切です。
では、医学部受験をした先輩たちは合格に近づくためにどのような過ごし方をしていたのでしょうか。

そこで今回、PMD医学部専門予備校を運営する株式会社アクトhttps://www.pamda.info/)は、医学部受験経験者を対象に、「医学部の受験」に関するアンケート調査を実施しました。

これから医学部を受験される方、お子様が医学部合格を目指している保護者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

調査概要 : 「医学部の受験」に関するアンケート調査
【調査期間】 2019年12月7日(土)~ 2019年12月10日(火)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,054人
【調査対象】 医学部受験経験者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
医学部を志すきっかけは王道の○○!


まず、「医学部を受験したきっかけを教えてください」と質問したところ、「人を救う仕事への興味があった」(43.6%)という回答が最も多く、次いで「身近な人が医療関係者だったから」(27.7%)「将来的に安定していると思ったから」(20.7%)「医療ドラマや漫画に憧れて」(7.0%)と続きます。

医療の道を志す方は、人を救うことに関して強い興味を持ったことがきっかけとなるようです。
また、身近な人が医療関係者だったことから医療に触れる機会が多く、その仕事に対するやりがいや意義といったものを早いうちから意識していた方も多いでしょう。
合格するために受験生が気を付けるべき家での過ごし方とは?


次に、「医学部受験の際、家にいる時間で特に心がけていたことを教えてください」と質問したところ、「勉強のスケジュール管理」(27.2%)という回答が最も多く、次いで「睡眠時間」(26.0%)「メンタルコントロール」(21.6%)「食生活」(13.9%)などが挙げられました。

勉強のスケジュール管理や睡眠時間は、医学部だけではなく他学部の受験生にも同じことがいえるのではないでしょうか。ここで注目したいのは、「メンタルコントロール」と回答した方がいたことです。

冒頭でもご紹介したように医学部受験はハイレベルな戦いが予想されます。
医学部受験に勝ち抜くためには、途中で挫折しないようメンタルコントロールを行っていたという方も多いようです。

保護者の方は、スケジュール管理や睡眠時間の調整は受験する本人に任せ、メンタルケアや食生活、コミュニケーションといった本人の力だけでは乗り越えるのが難しいことを心がけてみてはいかがでしょうか?
受験において家族の存在はありがたい?それとも……

受験勉強をする上で家族のサポートは必須となります。
しかし、保護者の方があまりにも干渉しすぎると、お子様のやる気を削ぐことにもなりかねません。サポート次第では、家族関係に変化が生じてしまうこともあるのではないでしょうか?



そこで、「受験シーズンに入ってから、家族との関係に変化はありましたか?」と質問したところ、半数以上の方が「はい」(54.3%)と回答しました。

では、具体的にどのような変化があったか詳しく聞いてみました。



しっかりと家族からのサポートや気遣いを感じている方もいれば、逆に負担をかけてしまったとナーバスになる方もいるようです。

家族関係で良かった変化を見てみると、多くの家族は受験生の勉強がはかどるような環境を作っていることがうかがえます。

勉強をしていない姿を見るとついつい声をかけてしまうかもしれませんが、そこはぐっと我慢し、子どものやる気を削がない対応を意識してみてはいかがでしょうか。
合格する人はここが違う!運命を分けるポイントは…?


最後に、「医学部受験で合格しましたか?」と質問をしたところ、7割近い方が「はい」(68.3%)と回答しました。
また、合格した方へ「合格した要因はどのようなところにあると思いますか?」と質問したところ、
家族で一致団結して打ち勝った(東京都/20代)
周りの大人のたちのサポート(東京都/20代)
周りの援助と自分の強い気持ち(大阪府/30代)
コツコツと基礎を繰り返したこと(大阪府/10代)
上記回答のように、周囲のサポートが合格の要因となったという意見が多く挙げられました。

医学部は難関であり、勉強時間だけを確保していれば合格するものではありません。
合格のためには家族のサポートが必要不可欠であり、受験会場でいつも通りの実力を発揮するには家庭内での環境が非常に重要です。

保護者の方は、学校のテストや模試の結果だけを見て問題点を指摘するのではなく、お子様の努力やプロセスをきちんと認め、あまり結果については触れないことが良い関係を構築し、お子様の医学部合格へとつながります。

株式会社アクトが運営する『PMD医学部専門予備校https://www.pamda.info/)』では、勉強のサポートはもちろん、医学部受験をめざす受験生や、保護者の方への(日本心理学会)認定心理士、新田猪三彦先生からのアドバイスもHPに掲載しております。

「受験が近づいている時期に子どもに対してどう接するのがいいのか、どんな言葉かけしたらいいのか」(https://igakubu-yobikou.net/2019/12/03/guardian-to-student/) など、家族の疑問にお答えしていますので、ぜひ参考にしてください。
医学部受験に特化した予備校『PMD医学部専門予備校』

PMD医学部専門予備校(福岡校・熊本校・鹿児島校、長崎校)では11月1日より冬期講習の受付を開始しています。
センター試験、私立大学受験対策
通常授業にプラスして自信をつける
2学期までの学習内容をしっかりカバー
など、個々の目標に合わせた受験対策をマンツーマンで行います。

入試直前の最終調整として受講してみませんか? 1科目からでも受講は可能ですので、他の予備校に通われている方でもお気軽に受講頂けます。

お子様の医学部受験合格に向けて、PMD医学部専門予備校をぜひご検討してみてください。
■PMD医学部専門予備校(株式会社アクト):https://www.pamda.info/
■医学部受験情報サイト プレメディ:https://igakubu-yobikou.net/
■TEL:092-406-7088
■お問い合わせ:https://www.pamda.info/%e3%81%94%e8%b3%aa%e5%95%8f%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR

ニュースリリース アクセスランキング

PR

注目のテーマ