韓国、新首相に前国会議長起用へ

共同通信

【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は17日、知日派として知られる李洛淵首相の後任に丁世均・前国会議長を充てる人事を発表した。丁氏は与党「共に民主党」所属で国会議員に6回当選した重鎮。文氏は指名理由として、丁氏がかつて産業資源相を務めるなど「経済通」とされる点を挙げた。韓国経済の苦境が続く中、経済政策などでの手腕発揮を期待しているとみられる。

 李氏は、10月の天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に出席した際に安倍晋三首相と会談するなど、対日外交で大きな役割を果たしてきた。丁氏も韓日議員連盟の顧問を務めるなど日韓の議員外交に尽力したとされ、今後の活動が注目される。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ