高浜町議会、関電に全容解明要請

共同通信

 福井県高浜町議会は17日、関西電力役員らの金品受領問題を巡る第三者委員会の調査に、関電が真摯に対応して全容解明を図るよう求める決議を全会一致で可決した。可決後、関電幹部を議会に呼び、同趣旨の要請書を手渡した。

 決議は金品受領問題について「これまで築いてきた関電と町議会の関係を毀損しかねない極めて重大な事態」と強調。運転開始から40年を超えた高浜原発1、2号機の再稼働など「重要な課題の解決にも影響を及ぼしかねない憂慮する事態」とした。

 関電原子力事業本部の安藤康志地域共生本部長は「今後の第三者委の報告を真摯に受け止め、信頼回復に努める」と話した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ