整備新幹線建設費に800億円超

共同通信

 政府は17日、北海道、北陸、九州・長崎ルートの各整備新幹線の建設費として、2020年度予算案に800億円超を盛り込む方針を固めた。人件費高騰や耐震性強化などに伴う北陸、九州の建設費上振れに対応するため、2年連続の増額とする。18日の与党プロジェクトチーム会合で了承を求める。

 建設費は18年度まで755億円だったが、19年度は4年ぶりに増額し792億円を計上していた。20年度も18年度からの増額分を上振れ対応に充てる。

 新幹線の建設には、JRが国側に支払う線路使用料(貸付料)を充て、残りを国と沿線自治体が2対1の割合で負担する。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ