千葉市が施設児童にサンタ作戦

共同通信

 児童養護施設や乳児院の子どもたちにクリスマスプレゼントを―。千葉市が「サンタクロース大作戦」と銘打ち、通販サイト「アマゾン」を活用して三輪車やおもちゃなど約110品の寄付を募った結果、3日間で全てが寄せられた。市は「皆さんの温かい気持ちが届いた」と感謝している。

 市が活用したのは、アマゾンの「ほしい物リスト」機能。一覧をインターネットで公開し、第三者に購入してもらって品物を受け取る仕組み。市はこれまでも災害時の応急物資や、市立動物公園の物品を集めた。

 今回は、市内の5施設を対象に、破損や子どもの増加のため不足したおもちゃなどを13日から募集した。

PR

くらし アクセスランキング

PR

注目のテーマ