「生きて帰れるのかと」

共同通信

 映画「AI崩壊」(来年1月31日公開)の完成報告記者会見が東京都内で開かれ、主演の大沢たかおらが登壇。人工知能(AI)を暴走させたテロの容疑者として追われる科学者・桐生を演じた大沢は「大変でないシーンはなかった。生きて帰れるのかなと思った」と、ハードな撮影を振り返った。

 映画はAIが国民の個人情報や健康を管理する2030年を舞台に、桐生が開発したAIが人間の生きる価値の選別を始め、日本中がパニックに陥るサスペンス。

 CGを極力使わず、船上での逃走劇も実際に貨物船を借り切って撮影するなど「体当たり」のロケが続いたそう。「スタントマンもいなくて、全部自分でやれと。3週間くらいずっと走っていた。しかも何度もやらされた」と大沢が恨み交じりに言うと、入江悠監督は「(共演の)三浦友和さんが『100回くらい走ります』と言っていたので、大沢さんも大丈夫だろうと思って」とけむに巻いた。

 大沢と桐生の義弟役の賀来賢人は休憩時間の雑談でコミュニケーションを図ったという。盛り上がった話題が「芸能人はどんなマンションに住んでいるか」。大沢が「家賃や、買ったのかどうかも含めて、お互いの情報を交換した」と明かすと、賀来は「2人だから情報が狭すぎて」と返した。会話時に不在だった捜査官役の岩田剛典は「交ざりたかった」とうらやましげだった。

 会見には三浦友和、広瀬アリスも出席した。

PR

芸能 アクセスランキング

PR

注目のテーマ