中国の新聞社、スマホに注力

共同通信

 中国の新聞社が会員制交流サイト(SNS)のアカウントや、スマートフォン向けの動画アプリを次々に立ち上げている。中国共産党・政府の「喉と舌」として世論を誘導したり、方針を後押ししたりする役割を担っており、採算性を無視できる事情が見え隠れする。デジタル分野の技術者も大量採用し、8億人超とされるスマホ利用者への浸透に注力する。

 浙江省の地元紙、浙江日報は10月、動画中心のスマホアプリ「天目新聞」を始めた。事件や災害、党地方大会の模様を30秒~1分程度の短い動画で配信。張亮編集委員は「映像ブームに合わせ、記者全員が撮影技術を身につけた」という。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ