大卒採用増、11・5%で減速

共同通信

 リクルートワークス研究所は18日、2021年卒の大学生・大学院生の採用数を「増やす」企業の割合は11・5%で、前年から2・3ポイント減ったとの調査結果を発表した。採用数を「減らす」としたのは7・6%で、前年比1・7ポイント増。人手不足のため採用意欲は高いが、ペースが減速した。

 茂木洋之研究員は、米中貿易摩擦消費税増税で景況感が悪化したことや、中途採用の比重を増やす傾向があることが背景にあるとみる。

 調査は今年10~11月、従業員5人以上の民間企業を対象に実施。4454社の回答を得た。「変わらない」としたのは50・8%、「分からない」は19・7%だった。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ