辺野古阻止へ年度内に提言

共同通信

 沖縄県は18日、米軍基地の整理、縮小の方策について有識者で議論する「万国津梁会議」の3回目の会合を東京都内で開いた。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立てを止めるための提言をまとめ、来年3月末までに玉城デニー知事に提出することを決めた。

 元防衛官僚で内閣官房副長官補を務めた柳沢協二委員長は記者団に、辺野古移設について「政治的、経済的な合理性の問題があるのと同時に、(実現しなければ)安全保障が成り立たないというのは本当か」と述べ、移設を急ぐ政府の方針に疑問を呈した。

 県に対しては、国際社会への訴えを強化するよう促した。

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ