ハウステンボスの沢田会長退任

共同通信

 長崎県佐世保市のリゾート施設、ハウステンボス(HTB)は18日、経営再建を主導した沢田秀雄会長(68)が20日付で退任する人事を発表した。沢田氏は取締役からも退く。目指している株式上場に向け、親会社の旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の会長兼社長を兼務している沢田氏が退くことで、独立した経営体制にする。

 HTBが20日に株主総会と取締役会を開き、新たな経営体制を決める。坂口克彦社長(64)は続投し、兼務するHISの取締役常務執行役員から来年1月29日付で退く。

 HTBは1992年の開業後に赤字が続き、2003年に会社更生法の適用を申請し経営破綻した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ